blog index

城戸久枝のブログ 車到山前必有路(進めば必ず道開く)

ノンフィクションライター 城戸久枝のブログです。
連絡先 saitasae@hotmail.com
facebookは 城戸久枝
城戸久枝@夏に児童書が出版されます。愛媛県松山市生まれ伊予市育ち。文筆業。『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』新潮文庫発売中
https://www.shinchosha.co.jp/book/121052/
映画弁当の日ナビゲータ&書籍担当。美術にはまる8才男児の母。
<< 速記力 | main | 弁護士へのほのかな憧れ >>
個人の力とは。
0
    先ほど、NHKのドキュメンタリーを見た。
    残留孤児の養父母が住む「中日友好楼」の記録。
    最初から見ることはできなかったけれど、
    以前友人から聞いていて、見たいと思っていただけに、興味深くみた。

    本格的に残留孤児の取材を始めてまだ日が浅いといえば浅い私。
    ただ、今に至るまでには10年という歳月の積み重ねがあったことも事実で。
    コツコツと取材を進めてはいるけれど、
    個人の力でどこまでできるのだろうと、時々不安になる。
    いや、まだ始まったばかりの自分を大メディアと比較しても仕方がない。
    私にできることは、コミュニケーションと継続かな、
    最近は徐々にそう認識するようになった。

    明後日、東京地裁で裁判がある。
    朝早くに並んで、傍聴券をもらわなければならない。
    数日前の残留婦人の裁判のときも、
    時間ギリギリに法廷に入る記者さんたちとは対称的に、
    早朝から並んで傍聴整理券を手に入れた。(もっとも、人は少なかったが)
    明後日は抽選になるだろうから、無事入れるかどうか不安もある…。
    まあ、なんとかなるかな。
    | 城戸久枝 | 物書き関係 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
      コメント
      石川様
      コメントありがとうございます。
      以前会社に属していたころの安定はありませんが、自分の意思で自由に動けるし、お金がなければ、別の方法を考えればいい、時間も自分のペースで動けますし。これから徐々に自分のスタイルで取材できるようになりたいです。
      また、ぜひ石川さんの取材のお話なども伺いたいです!
      | saitasae | 2005/11/07 11:58 PM |
      身軽な一人にしかできないやり方、お金を使わなくていいやり方(代わりに時間を使うとか)、自分にしかできないいろいろなやり方をあみだしてくださいませ。
      僕の引きこもり取材と共通する悩みですね。
      | 石川 | 2005/11/07 1:57 AM |
      コメントする


      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      喫煙室は中日交流の場
      会社には喫煙室があります。とは言っても会議室の一つに灰皿をおいているだけですがね。ここには喫煙者の日本人、中国人が集まります。「ニーハオ」「シンクーラ」と中国語の会話がはじまります。私はほとんど話せないので英語の少し話せる中国人スタッフと世間話をする
      | ジョン万中国語 | 2005/11/23 12:45 PM |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      bolg index このページの先頭へ