blog index

城戸久枝のブログ 車到山前必有路(進めば必ず道開く)

ノンフィクションライター 城戸久枝のブログです。
連絡先 saitasae@hotmail.com
facebookは 城戸久枝
城戸久枝@夏に児童書が出版されます。愛媛県松山市生まれ伊予市育ち。文筆業。『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』新潮文庫発売中
https://www.shinchosha.co.jp/book/121052/
映画弁当の日ナビゲータ&書籍担当。美術にはまる8才男児の母。
私とユニコーン。
0
    中学の3年間は、ユニコーンに捧げた。
    NHKのクリスマス音楽番組で大迷惑を聞いたのが最初。
    それから過去のCDを買い漁った。
    コンサートにも行った。
    ファンクラブにも入った。
    高校に入り、何となく離れていったある日、「解散します」という会報が届いた。

    第二ブームは大学生。
    変化を求めて、バンドサークルに入った私は、
    紅一点のキーボードだった。
    最初にコピーしたのが、ユニコーンだった。
    「Maybe blue」「スターな男」「CSA」「人生は上々だ」
    たった一年の活動だったけれど、ステージの気持ちよさを味わった。

    今、久しぶりにユニコーンを思い出している。
    SNSのミクシィのコミュニティで、懐かしきユニコーンの思い出を語る。
    メンバーの一人の方も参加されていて、コメントがあったりして、
    中学時代に戻ったように、はしゃいでいたりする。

    ちなみに私の音楽ブームは、以下の感じ。
    小学1〜5年 アイドル 松田聖子、中森明菜などなど
    小学6年 明星愛読。光GENJIにはまる
    中学1〜3年 ユニコーン(以下ずっと)
    高校1年ころ。 尾崎豊と槇原敬之
    22歳〜24歳 中国・台湾・タイポップス

    最近はほとんど音楽は聴きません。はい。



    | 城戸久枝 | ひとりごと | 00:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
    ドリアンになりたい
    0
      樹液に群がる虫を見て、甘いんだろうかと舐めてみた。
      腐った落ち葉のような味がした。

      スーパーの果物売り場で
      しっかりと密閉容器に入ったドリアンを見かけた。
      小さく小さく切り刻まれていた。
      プーンと鼻をつく匂いがした。
      うそみたいだけど、おいしいんだって。

      食べたことはないけれど、
      そんなドリアンになりたくなった夜だった…。
      | 城戸久枝 | ひとりごと | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      bolg index このページの先頭へ